【読書週間に読んで!】宮部みゆき/ソロモンの偽証

ついに全6巻そろいました!
宮部みゆき/ソロモンの偽証 新潮文庫

sIMG_4110.jpg

 クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。

柏木卓也、14歳。

彼はなぜ死んだのか。殺人か。自殺か。

謎の死への疑念が広がる中、“同級生の犯行”を告発する手紙が関係者に届く。
さらに、過剰報道によって学校、保護者の混乱は極まり、犯人捜しが公然と始まった―。

一つの死をきっかけに膨れ上がる人々の悪意。
それに抗し、死の真相を求める生徒達を描く、現代ミステリーの最高峰。

これは読み応えあり!

この記事へのコメント